画像1 画像2 画像3 画像4     画像5 画像6

超素人のなんちゃって水族館

~もう、辛うじてIDとパスワードを覚えているほどの更新具合...アクア専門でありませんというよりアクア比率絶賛低下中~

Sort by■水族館・博物館・ショップ

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ■水族館・博物館・ショップ  

【動植物園探訪記】200㎞先のトロピカル?睡蓮と鳥さん目的を高次元で叶える掛川花鳥園~~お待たせしました本編~

 こんちくわ!写真と格闘している多肉男子です!もとい、多肉オヤジですw
早々に更新をと思いましたが…いろいろあるわけです島倉千代子じゃなくとも


 5月3日(火曜)の掛川で、風呂を済ませくつろいでいると、いつの間にか小雨は、次第に強い雨となっていて翌日が心配なほどだった、地元神奈川じゃ大雨注意報まで出ていたみたい、でもでも、日頃の行いがよいせいか朝起きてみたら見事なまでの晴れわたり

 待ちに待った掛川花鳥園
 ホテルからあっという間の距離にあるのは、ホテルにあったSMAP(市内(案内の)マップ)で承知していたので、ノラリ喰らり朝食に時間をかけるガキンチョを叱りつけながらの機嫌をとりながら、焦る気持ちを抑えるのに必至でした


 ハイ!着いた!車が多くて臨時の駐車場に回された、静岡県内ナンバーと同様に、愛知県ナンバーが結構多かった、まれに群馬とか練馬とか、馬でも鳥が気になるのかっ!


 ハッキリ言って写真の整理が大変で、今回は20枚もの大作です、なのでほとんどスライドショー感覚


 ハイ!入口!いきなり並びます…トホホ

20160504_kakegawa2_01.jpg 



 番台で会計済ませて中に入ると左はお土産コーナー、右はフクロウコーナーなのでいきなり足止め、ガキンチョはフクロウが好きなので、この辺は富士宮にある富士花鳥園と作りが同じ

20160504_kakegawa2_02.jpg 



 いきなり、ガキンチョがオニオオハシの絵を描き始める、早く睡蓮見たいのに...トホホ

20160504_kakegawa2_03.jpg 


 フクロウエリアを抜けると長い行列があって並んだのに、悲しいことに寸前でペンギンがお腹いっぱいになったのでというアナウンスのもと、エサやりができずに、対面する水鳥さんへのエサやりを

20160504_kakegawa2_04.jpg




 お食事エリア、天井にぶら下がる花、花、花、草、このへんも富士花鳥園で予習済み

 20160504_kakegawa2_05.jpg



 さらに、奥にある鳥たちへのエサやりエリアに2人を残して、って言ってもかなりの時間を一緒にいたが痺れをきらして睡蓮エリアに、ドクターフィッシュ的なものもあるけど、とにかく規模に圧倒された

20160504_kakegawa2_06.jpg 



 大きな睡蓮エリアが2つ、右側の濃い赤の睡蓮が気になるけど、品種不明、ドギツイ感じが夜咲き品種みたいに思うのだが...素人感覚

20160504_kakegawa2_07.jpg 

 
 熱川バナナワニ園の品種ごとに仕切りの中に整理されているのと異なり、割と大まかに置いてある感じ、品種プレートが所々にあるけれど、素人のなんちゃってには特定はできない感じでしょうか、その脇を若干鳥が飛びかったりしていたような曖昧な記憶



 なんと、そこに、おいらが亡くしたダウベニアナがあるではないですかっ!

20160504_kakegawa2_08.jpg





 見事なまでの、枯れ葉(ムカゴ) 

20160504_kakegawa2_09.jpg






 植え付け鉢自体が、一般的な睡蓮鉢大なので、巨大化するのは当然か?ツボミだってかなりデカい!

20160504_kakegawa2_10.jpg  

 この睡蓮エリア付近で、係員を探す探す探す、探した挙句近くにいた鳥の餌を売っていたに、睡蓮の枯れ葉が欲しいと直訴した、そこから、アルバイトのお姉さん?は少しベテランの係員?に話を繋いで、どのような枯れ葉か確認

 【おいら】これってドウベンていう品種でね、この真ん中のところから分身が出てきてね…ようは冬越しに失敗してロストしちゃったの、どうせ枯れ葉を処分するだろうから、記念に一つ持って行っていい?

 【係 員】さらに無線で担当者とやらに確認、何やら随分な長話

             
                  (重い空気が流れる)

 交渉の結果

 【係 員】いいですよ~

 見事、持ち出しOK牧場いただきました、慌ててペットボトルの生茶を飲み干し、入口付近のトイレに駆け込み中身を生水に換えた、

 安心してください!
 厚かましいオヤジっていう認識ありますよw


 


 はい、このとおり

20160504_kakegawa2_11.jpg  




 睡蓮エリアで、なかなか考えられていると思ったのは、横からお魚を覗けること

20160504_kakegawa2_12.jpg 


 睡蓮やお魚に夢中な方もいれば、鳥さんに夢中な方もやっぱり多い

20160504_kakegawa2_13.jpg 

 睡蓮エリアだけに限るおいらの比較シダ

熱川バナナワニ園のここがいいとこ
◎品種ごとに整理
◎なんとなく落ち着いて見られる

掛川花鳥園のここがよいとこ
◎規模がたぶん凄い
◎睡蓮エリアで泳ぐお魚に餌やりができる(おいらには不要かも)
◎泳ぐお魚を横から眺められる(おいらには不要かも)
◎ドウベンの枯れ葉(ムカゴ)を交渉すれば頂ける


 ってことで、どちらに軍配を揚げようか?どちらも一度は行っておくべき施設ということにしておきます!


何故かって、何でかフラメンゴ ♪ 静岡の特産品に掛(川)けて適当にお茶を濁しておきますw 



 まだ、疲れていない、いや、疲れていても心優しい人は、

スポンサーサイト
Category: ■水族館・博物館・ショップ  

【動植物園探訪記】200㎞先のトロピカル?睡蓮と鳥さん目的を高次元で叶える掛川花鳥園~前泊掛川市内編~

 おはヨーデルです!多肉男子です、もとい、多肉オヤジです

 ゴールデンウィーク、前半戦終了後、ガキンチョが泣きだしちゃった『目の前の公園しか行ってない』と


 5月2日(月)帰宅後、しょうがねぇ~な~と、かねてより行きたかった片道200キロ程先の静岡県中西部?にある掛川花鳥園に行くことにし宿をやっとこさ見つけた、掛川花鳥園は、おいらのにわか睡蓮と、ガキンチョの鳥(フクロウ)という目的を高次元で両立させる施設なわけw

 昨年9月の熱川バナナワニ園、ブログに書かなかった富士花鳥園(睡蓮なし)に引き続きなんだけど、翌日4日の天気がよくない予報から掛川花鳥園は室内だからOK牧場、もとい、OK花鳥園だから、予定を変更して、3日に前泊しどこか別の場所に行って、翌日の4日に掛川花鳥園をフルに楽しむこととした


 付け焼刃的に周辺施設を健作すると、「ヤマハリゾートつま恋」とやらが出てきた、高原野菜が有名なところ?どんな施設かも知らずに行った

20160503_kakegawa1_01.jpg



 駐車場に着くと、サッカーのジャージを着た親子がいた、どんだけサッカー王国なんだよ、施設内に入るとフットサル?の大会が開かれていた、静岡の人たちってなんでサッカーうまいのよってくらい上手すぎる、うまい人が今も続けているだけなのか?多肉オヤジでさえリフティングが大空翼だよ



 ゴーカート的なものに乗ってみた、流石ヤマハジュビロ磐田カラーの9番、伝説の中山ゴンかっw

20160503_kakegawa1_02.jpg



 変わり種自転車的なものに乗ってみた

20160503_kakegawa1_03.jpg



 特設ステージでパフォーマンスがあった、バルーンパフォーマンスを待っていると、フライングディスク(フリスビーは商標登録®という大人の都合で使えないらしい)の普及イベントが始まった、 そして、フライングディスクによるストラックアウトに挑戦した!全12投だというので、ガキンチョ10投、おいら2投という内訳に、小学校1年生までは一番手前のラインから投てき

20160503_kakegawa1_04.jpg


  123
  456
  789


 ガキンチョが投じた!

    1○3
    4○6
    78○

  見事に3枚抜いた!

 
   ガキンチョの後を継いで、40肩のおいらが登板し、8番狙いの筈が...まさかの

     ○○3
      4○6
      78○

    1番を抜いてしまった、斜めにビンゴ完成


 そして、記念のディスクがあるとやらで、促されるまま前方に置かれた机まですすむと、静岡大学の学生さんが、箱からディスクを出してどれがいいか尋ねてきた、悩みに悩んでおいら好みでない、ディズニーパロディーディスクをゲット、このあと挑戦するものはあれど、ディスクをゲットするものは暫くでなかった...

20160503_kakegawa1_05.jpg

 若いって素敵、模範演技を行った静岡大学の学生さん、アンダー20日本代表だそうです


 静岡のサービス精神には恐れ入ります、左から上州太田焼きそばありーの、地元静岡の富士宮焼きそばありーの、秋田横手焼きそばまで、おいらもちろん富士宮焼きそばにした、麺が細かったんだけど、ホントに富士宮?

20160503_kakegawa1_06.jpg



 小高い山?丘で遊んだ

20160503_kakegawa1_07.jpg



 このあと、時間は早いが安宿に向かった

Category: ■水族館・博物館・ショップ  

【動植物園探訪記】120㎞先のトロピカル!熱川バナナワニ園~シルバーウィークだというにまさかの日帰り?興味があるのはバナナでもワニでもありませんから...後編~

 こんばんみ!どうもお待たせしましたって、誰もちっとも待ってないので更新も急かされず気楽なもんですが、9月20日の連休2日目、何かと理由をつけて行くことをためらっていた 熱川バナナワニ園 探訪記の後編です


前編はこちら
【動植物園探訪記】120㎞先のトロピカル!熱川バナナワニ園~シルバーウィークだというにまさかの日帰り?興味があるのはバナナでもワニでもありませんから...前編~


 【本園・植物園】6号熱帯植物温室には「ムカデカズラ」こんな奇妙な植物もあるわけです、うちの水槽にも「ヤマサキカズラ」ってのが入っていますが、この共通する「カズラ」って、一体どういう意味なのか気になるところです、奇特な皆さんは気になりません?

20150920_bananawani_14.jpg

 早速、ヤホッてみたら、「つる状植物の総称」ってでました!まったくなるほどの共通点でしたね



 みんなた大好き!ヌーブラヤッホーヤッホッホーの「ビカクシダ」ちょっと、ってかデカすぎるわ!...羽根を広げると直径2m超え?成長点であるところの1株くらい剥がして持ち帰りたい衝動、いや1株といわず...


20150920_bananawani_15.jpg




 他には、みんな憧れのリドレイさん、このキャベツみたいなシワシワな貯水葉がとても気になるわけです、ハイ(これ、もしかしたら、後述のオオオニバスの近くにあったかも)

20150920_bananawani_16.jpg




 【本園・植物園】7号温室である熱帯スイレン温室 いよいよ、僕的目的の熱帯睡蓮、1mくらい四方のコンクリ枠の中に1品種毎に入っているわけです、いってみれば優雅な個室

20150920_bananawani_17.jpg 




 中央の円型プールを挟んで前後対称な感じで

20150920_bananawani_18.jpg 




 睡蓮温室に入ってすぐのFoxfire (フォックス・ファイヤー)

20150920_bananawani_19.jpg

 


 この Foxfire (フォックス・ファイヤー)の葉っぱが余りにもデカくて...この1枚だけで、うちにある44cmの睡蓮鉢よりデカいか、もしくは、ほぼ同じっていう話(ちなみに、おいらの手首の骨から中指の先端までが18cmくらいなので参考までに)

20150920_bananawani_20.jpg

 Foxfire (フォックス・ファイヤー)が大型と云っても、植付鉢の大きさでこうも大きくなるんですね




 個室の与えられない睡蓮たちは、中央にある円型プールに集められている...どこかで見たことのある花がって、まったく白々しいんだけど、YES!紫式部(ムラサキシキブ)

20150920_bananawani_21.jpg




 8号原種ラン オオオニバス温室では、一見、オムニバスに見えてしまう「オオオニバス」、これも是非見てみたかった!

20150920_bananawani_22.jpg




 迫力のオオオニバス! 中央にあるの花芽なんでしょ、どんな花を咲かせるのか こんな庭が家にあったら、どんなにいいだろう~ 

20150920_bananawani_23.jpg

 この葉っぱの上に乗ってみたい衝動にかられるかられる



 【本園・ワニ園】最後の最後では、ここのメインであるワニについて、いろんなワニがいるんだけど、給餌タイムに合わせないと激しく動く姿は見ることはできないようで、ちっとも動かなくてつまらなかったわけ、クチを開けたまま動かないワニとか

20150920_bananawani_24.jpg


 一応、藻にまみれた小型のワニと記念撮影、だってワニ園に来たんだもんってことで、ワニ関連はたったの1枚





 適当な画像もないので、3編の動画をただ繋いだだけの簡単動画をアップしてみたの!最初からこれを見せろよ!って声が聞こえてきそうなんだけど...





 BGMの柔らかい感じがおいら的には気に入って


 waterlillyで検索して10曲程度でてきたうちから選んだ曲ですよ~(のっけうしさんに教わった方法、ちなみに高度な編集方法については教わっていないので悪しからず)


Category: ■水族館・博物館・ショップ  

【動植物園探訪記】120㎞先のトロピカル!熱川バナナワニ園~シルバーウィークだというにまさかの日帰り?興味があるのはバナナでもワニでもありませんから...前編~

 9月20日の連休2日目、いつかは行こうと思っていたあの場所に行ってました、ゴールデンウィークは混んでいるだろうからと、夏場は海水浴客で混んでいるだろうからと、何かと理由をつけて行くことをためらっていた熱川バナナワニ園、隣県という近場なので、わざわざシルバーな連休中に行かなくてもって感じですが...ナビだと片道120kmって遠い?近い?



 朝一番で乗り込みたかったのに、足手まといな方々がいるので、結局いつもの如く出発が遅れました、途中の小田原を過ぎた頃の景色、防波堤にある白い筒状のものは小田原提灯モチーフ?

20150920_bananawani_01.jpg

 途中、ガキンチョが熱海の浜辺で貝殻を拾いたいと散歩をしてみたりとか...


 おいらも、負けじと、途中の伊東で学生時代の友達のところに、確かこのへんだったはずと生活道路をウロチョロ...よほど怪しかったのか、道路で井戸端会議中のご婦人に「どちらをお探しですか?」って声をかけられた、おいら「○○さんとこですか...」 ご婦人「あなたの所じゃない...」って隣りのご婦人にバトンタッチ、ご婦人B「あらっ、そう、うちだわ!」って、友達は連休中で不在ってことで(当たり前だよな)、名前と電話番号おいてきました、もう20数年前に何度かお邪魔したんですけどね、携帯換えたり、水没したり、亡くしたりいろいろして一応言い訳しておきました とかで...到着まで結構時間がかかった



 熱川バナナワニ園、屋上からの眺望です、伊豆大島がうっすらと、肉眼だとハッキリ見えていたのに、間違いなくショボいカメラのせいです

20150920_bananawani_02.jpg



 辿り着いたのは、内陸で国道より山側、看板ではピンク色で表示されている「分園」だったらしい

20150920_bananawani_03.jpg



 もちろん、施設の看板であるバナナもあった、バナナの下にぶら下がる筆みたいなのは、バナナの花だって知ってました?そんなバナナとか嫌いじゃないですよ~

20150920_bananawani_04.jpg



 なぜか、レッサーパンダ、よく寝てるし...隣りの隣りの檻にはミントって名前のついたレッサーパンダもいたけど、こちらは活動的だったww

20150920_bananawani_05.jpg



 ゾウガメ、ガキンチョが甲羅に乗ってみた、怖くてすぐさま降りたのはここだけの秘密

20150920_bananawani_06.jpg



 分園、本園間の移動は、このマイクロバス、移動にかかる所要時間は2分程度で、バスが3,4台?あって、結構な往来

20150920_bananawani_07.jpg

 マイクロバスで本園に降りてきた




 
 みんな、興味のある食虫植物

20150920_bananawani_08.jpg



 かなり年季の入った看板、熱川バナナワニ園は、どこもかしこも昭和の香りプンプンなところ

20150920_bananawani_09.jpg



 ハエトリソウは、触毛に2回触らないと反応しなかったのか...だから指で触っても無反応だったと知ることに...

20150920_bananawani_10.jpg



 何よっ!ご遠慮下さいって、なにごと?

20150920_bananawani_11.jpg

 

 食虫植物室の端っこのドアが開いていて、レースプラントが...消えかかったネームプレート、これをアクアリスト以外で気づく人はおそらくおるまい 
 
20150920_bananawani_12.jpg

 一見、展示している感じがまったくないですもん!この汚さ、どこかで見たことあるなと思ったら、うちの水槽ジャン



 食虫植物は、向いの温室にもあって、ウツボカズラ(蓋なしバージョン)がありました 
 
20150920_bananawani_13.jpg


 前編終了


 後編(熱帯睡蓮)は皆さんの応援次第です...ww
 

2015.9.26 追記
↓後編まとまりました
【動植物園探訪記】120㎞先のトロピカル!熱川バナナワニ園~シルバーウィークだというにまさかの日帰り?興味があるのはバナナでもワニでもありませんから...後編~


Category: ■水族館・博物館・ショップ  

水景工房で見たあれこれと田村商店さんの商品~ついでを企てたなんちゃってアクアリスト視点~

 こんちくわ、早く回想録でなくリアルタイムに更新したいkeibocchiです
もう、かれこれ2週間前になるでしょうか、野暮用で東京に寄ったついでに、はじめて水景工房(世田谷奥沢)に寄ってみました


20140515_koubou_tamura_01.jpg


 もう、それはそれは外観も、そして店内も、パイオツ、もといシャレオツそのものでしたww 少々無理があったかい?

 お客さんの屑、もとい層も、都会派のシャレオツで、田舎もんのおいらは興奮で舞い上がってしまいました
特に必要なものもなかったので、店内をぷらぷらするつもりなのに、スペースに余裕がないんですね~お客さんが7,8人もいると、それは、もう身動き取れないというかね...

 でも、きれいに、高低差をうまくつかって、ドン・キホーテ並の商品陳列がなされてました、証拠写真ありませんが、かわりにADA編集の動画を貼っておきます、ぜひ商品の陳列に注目してください、かなり長い動画なので、かいつまんでご覧くださいね~




 
 店内で見つけたのは、あの、おいらが、福生で買った伝説の陶製小鉢ではあ~りませんか?!それも、がかなりの数量あるではあ~りませんか?!そのうえ破格ではあ~りませんか?!
 
 みなさん、ADAの刻印がないと買わないのでしょうか?小さいなぁ~ww

20140515_koubou_tamura_02.jpg



 意味もなく、動揺を隠せないままに周囲を見渡すと(←実にわざとらしい)
と、そのすぐわきには、田村商店さんの伊豆大島溶岩石の小石があるではあ~りませんか?!考えたらこちらは破格ですよね~

20140515_koubou_tamura_03.jpg



 その田村商店さんに、引越前祝い?でいただいた品物は、現在、玄関前の下駄箱の中間部分で、ウェルカム水槽としてぁ活躍中です、まあ、水が入っていないので、アンアクアリウムと言ったらよいでしょうかね、そもそも、来客がまったくないのでウェルカムでもなんでもないんですけどねぇ~

20140515_koubou_tamura_04.jpg
     ↑ 田村商店さんの銀薫石に流木(一部ブランチウッドが入っています)



 同じくいただいたビカクシダは、現在は、別に横浜のペットエコで調達した四角い器に入ってもらい、古い葉っぱが枯れながらも、新しい葉っぱが展開していますよ~いま胞子葉(小さく先の白い)も出てきています~




 いたって元気そのものです


 感謝!









1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。