画像1 画像2 画像3 画像4     画像5 画像6

超素人のなんちゃって水族館

~もう、辛うじてIDとパスワードを覚えているほどの更新具合...アクア専門でありませんというよりアクア比率絶賛低下中~

Sort by■ミニM(36×22×26)2013.5.7~

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ■ミニM(36×22×26)2013.5.7~ >   ミニM 生体  

悲し過ぎる結末~メスアピのダイブ~

ブライン3日目に向けて、喜び勇んで帰途につく...
最寄駅から嫁さんに電話すると

嫁「悲しいニュースがあるんだけど」

    ...(悪い予感)...

おいら「もしや、お魚ちゃん?アピ?」

嫁「うん、メスが外に落ちていて...」



嫁の証言をもとに現場検証、頭を左に向けて絨毯の上で息絶えていたらしい......................

apidaibu_20130605_2.jpg
死体は流石にグロテスクなので、白い紙を切って作りました


オスに追い詰めらた揚句の身投げと推測される、飛び出すには十分すぎるほどのこの隙間でした、本当にゴメンよ...........

apidaibu_20130605_1.jpg


全身脱力、この虚無感たら言葉にならない........................................

ミニMたたむか..................................................................................




スポンサーサイト
Category: ■ミニM(36×22×26)2013.5.7~ >   ミニM 生体  

皿式ブライン沸かし~練習2日目のケッカ~

実は昨日のことです、YouTubeがなかなか更新されず...今も更新されない...
散々たる結果に終わった「皿式ブライン沸かし」の初日でしたが、反省点はハッキリしています!食塩の量があまりにもアバウトすぎたのです


「テトラ ブライン シュリンプ エッグス」の裏書きを見ると、水1リットルあたり必要な食塩は20gとあります
おいらは、ガキンチョの哺乳瓶で水100mlを計測してプラケースに移しているので、必要量は、裏書きの1/10の2gってところまでは計算していました
だけど、2gっていったいどんだけ~?ってことで、目分量というよりは指分量(親指と人差し指でちょこっと掴んだ程度)を入れてました

これが反省点!ネットで調べると小さじ1杯が食塩5gとありました
なので、小さじ半分よりも若干少ない程度が2gってことだとすると、初日が相当な塩分不足であったことがハッキリしたので、2日目はそのへんを修正しました





約24時間経過して、プラケースを確認すると、孵化率1割...サービスして2割程度でしょうか?これでもダメダメなのですが、初日よりははるかに前進ですww<

威厳を取り戻したオスも食べてます、孵化してないものも食べているように見えるのは気のせいでしょうか?(画像・動画ともにないです)



Category: ■ミニM(36×22×26)2013.5.7~ >   ミニM 生体  

あっけない結末?~アピのチカラ関係が元に~

前回の記事で、オスメスのチカラ関係が逆転しまったこと、流木にピンク色の卵が産みつけられていたことを紹介しましたが、あまりのオスの意気消沈ぶりに、どう対処すべきなのか?課題でもあり心配事でした

水草を増やしてみれば?とのアドバイスに
おいらは、60Pからハイグロフィラ・ピンナティフィダ付き流木やミクロソリウムを追加...

オスを隔離してみては?とのアドバイスに
そうしようと思い、水槽の前に立ったのですが、折角のペアなんだし、ボルビティスヒュディロッティを追加して隠れる場所を作ることで、さらに様子を見ることにしました

burainn_20130602_0.jpg


そして、もう1つの課題が孵化した時のエサ、そう、これまた有難いアドバイスをもらった「ブライン」です
昨日は実家で行事があったので、途中抜け出して実家近くのお店に...
ところが、お店には沸かすタイプはこれ1つ、折角だから手間を愉しむべく「テトラ ブライン シュリンプ エッグス」を購入(横に写っているのは何でしょうかね?1,000円以上購入すると5%引きだったもので仕方なしに)

burainn_20130602_1.jpg

ブラインって需要ないのなかあ?考えてみれば、おいらだって2年もやって初めて使うわけだし...ただでさえ少ないアクア人口のなか、繁殖まで愉しむ人は少ないだろうことは容易に想像がつくわけで...


そして、適当なプラケースに、100mlの水道水、食塩2g目分量、テトラブラインを目分量入れて、昨日23時00分に作業開始と相成りました

burainn_20130602_3.jpg


置き場所は、右隣の45Pのガラスフタの上、ひたすら孵化を念じながら就寝

burainn_20130602_4.jpg


今朝、水槽を見ると、オスとメスのチカラ関係がなんだか逆戻りしているよう!盛んにオスがメスを追いかけては、尾びれをブルブル...何故だろう?

burainn_20130602_5.jpg


産卵された流木を恐る恐るひっくり返して見ると、ピンク色の卵がない...そして、周囲にも卵が孵化した形跡も見られない...

水槽立上げ当初に入れておいたミナミさんをそのままにしていたのがいけなかったのか?


burainn_20130602_6.jpg


おいらは、結局「皿式でブラインを沸かす」っていう練習をしていただけなのかも?
これって「ヘソで茶を沸かす」ってことと同義なんだろぅか?違うかっ?(泣)




Category: ■ミニM(36×22×26)2013.5.7~ >   ミニM 生体  

形勢逆転?~アピのチカラ関係のワケ~

60Pにいる頃から、オスに追いかけられて水草の影で小さくなっていたメスが、ここ数日でチカラ関係が逆転したのか?悠然と泳いでいて、逆にオスに睨みをきかせている状況です
一方、オスはちょっと前のメスのように、隅のほうで小さくなっている...
こんなにもあからさまに形勢が逆転するものだろうか?

しばらく観察していると、メスがオスにちょっかいを出して、オスは逃げ惑うばかりなのである
先人のブログを見ると、卵を産むとメスが卵を守るためかオスを突き放すように攻撃的になるらしいと...うちのは産卵していないのに...

api_20130529_1.jpg


こんなにも、ハッキリ、メスの写真が撮れたのは初めてである
理由があるのかどうかわからないが、メスの体色が「黄色に黒い1本ライン」から「黄色に黒点1つ」と変わってきている

api_20130529_2.jpg


見てくださいよっ!このオスのしょぼくれた風貌、そして尾びれの避け具合の痛々しさ!

api_20130529_3.jpg


っていうのが昨夜までの状況だったけれど...今晩帰宅したところ、相変わらず元気なく放心状態のオス...しかも定位置はスポンジフィルターの陰という情けなさ

api_20130529_4.jpg


このままオスは弱っていく一方なのだろうかと思いながら、横倒しになっている流木を偶然にも動かしたところ、なにやら、薄いピンク色をした無数の粒が...

api_20130529_5.jpg


キタッー! のだろうか?間違いないよねぇ?


形勢逆転は産卵が理由だとしたら、先人が教えてくれたセオリー通りというもんだっ!





Category: ■ミニM(36×22×26)2013.5.7~  

アピスト~ミニM一応立ち上げちまった編~

恥ずかしい話ですが、少し前までアピをやる人をアピストっていうのかと思っていました(掴みはOK?久々の更新なので)

とうとう、5月13日(月)にアピストのペアを60PからミニM水槽に移しました
スクラップ安堵?ビルドが、モットーのおいらは、ミナミさんの育成水槽であった20Cをたたみ、その位置にミニMを...ミニMは、5月7日〈火)に60Pの飼育水を半分程度を移し水を回していたので、立上がりもすぐOKかとの判断!


その時の水温は20℃を少し上回る程度!凄く冷たいんですよねぇ~20℃って


そこで嫁との会話

おいら「20℃って、たった数度違うだけで、こんなにも冷たいもんかなぁ~?」
嫁「当たり前でしょ!風呂の温度だって39℃と42℃って全然違うでしょ!」

と返され、ぐーの音も出ませんでした


20℃程度だった水温も、陽気のせいで24.0℃前後とかなり上がってきたので、そろそろ、入れても大丈夫かなとなったわけです・・・(実はヒーターを用意していなかった)



ちなみに、この水槽に立ち上げに使用したものは、

5月7日にチャ〇ムから到着
■ テトラブリラントフィルター(スポンジフィルター)
■ 水心SSPP-2S + 逆止弁 + キスゴム×3 + チューブ3m + いぶき丸直径18 
(エアーストーンは使わないけれど、単品で計算するとセットで買った方が得だったので、セット買い)
■ マルチデジタル水温計(酸素の出続けない石で有名な日動スズノスケの商品)

minimtachiage_20130515_1.jpg

*水温計は3,500円以上とする調整のためwwデジタル水温計って、小数点第1位まで表示されているので、なんだか、とても正確な感じがするから不思議です


■ ソイルは倉庫に眠っていたおいらの心みたいな?純のパウダープラチナソイルを適量(と思いきや少し入れすぎたか?)

minimtachiage_20130515_2.jpg


■ 飛出事故があるやもということで、一応これガラス蓋を・・・在庫1枚でした ガラス受けは、Do!aquaの20Cに付属していたプラスティックのものを使用

minimtachiage_20130515_3.jpg


■ 水草は、今よりもさらに素人時代に買ったミクロソリウム・プテロプスが主でウェンディロフが少々(いずれも葉っぱの裏に現れたものを増やしたもの)とチャーム邑楽店の隣のコメリで調達した植木鉢ハーフタイプ、スポンジフィルターが高さありすぎで、スポンジ部分がソイルに埋まっています!

minimtachiage_20130519_4.jpg
当然ながら20Cで使っていたマットは寸足らずなのでマットなし(苦笑)...しかも安っぽい水景(苦笑)


いつまでこの状態が続くのか?

minimtachiage_20130519_5.jpg

メスがオスの求愛から逃げ回ってる...どちらも消耗しないといいけど...





1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。